-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-11-25 (Sun)
11-16a.jpg

小春日和の窓辺は暖かくて、心までポカポカ。
一段と長く入り込む日差しが、絨毯へ心へと優しさを運ぶ。

お出かけの予定も、楽しいイベントの予定も無いけれど、
お気に入りの音楽を聞きながら、
ゆうるりと過ぎ行く休日の昼下がり。

無防備な姿でまどろむららを、優しく包み込む柔らかな日差し。
遊びの名残のボールが、庭の隅にポツンとひとつ。
その横を、そ知らぬ顔でゆうゆうと過ぎ行く野良猫。

あ~、ナンテのどかなひと時。
この小さくて、でもとてつもなく大きな幸せ。
ずう~っと、ずう~っと続きますように。

11-16x.jpg
パピヨンらら

朝晩はすっかり寒くなったこの頃。

以前は主人が帰ってくると、転びそうなくらい駆け足でお迎えしていたのに、
今では暖かな部屋から出る事無く、ワンワン。
「お父さん、お帰り~♪あたちはココよ~♪」

朝だってお布団の中に潜り込んだまま、お見送りさえしないんですもの。
たま~に顔だけ出して
「行ってらっしゃ~い、あたちは未だ寝るけどね~♪」

君はずるいよ?
忠犬とは恐ろしくかけ離れているのに、それが又可愛くてたまらない
親バカにしちゃうんですもの(≧∇≦)ノ♪

11-16c.jpg
夢みるパピヨン
スポンサーサイト
| パピヨンらら大好き | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。