-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-07-16 (Wed)
わが家の近くの量販店に、とあるペットショップが入店している。
ある日、そこで白茶のパピヨンの子犬を見つけた。
私は一目でその子に心を奪われてしまった。
今までに見たどの子パピよりも可愛くて、その子に会いたくて
毎日のようにお店に足を運んだ。

通常お店で売られているパピヨンとしては高めの値段だった所為か、
一ヶ月が過ぎ、二ヶ月が過ぎてもずっとそこにいた。


その子と同じ時期、ららは何にでも興味を示し、いたずらをしては
家中を走り回っていた。
子犬の大切なこの時期を、一日中こんな狭いところで・・・
そう思うと、ブルーな気分になってくる。
だからと言って、
かわいそうな子達をみんな我が家の子にする訳にもいかない。
悶々とした日が続いた。

ある日、その子のショーケースに、「セール・20%オフ」と、
書かれた赤い文字が・・・

思わず愕然とした。

セール・・・・・オフ・・・・・

子犬が、一商品であることに改めて気づかされ、胸が痛んだ。


次の日、その子の姿は、もうそこには無かった。
ガランとしたケースの中を見て、何故だか涙が流れた。
もう会えないと思う寂しさと、やっと新しい飼い主さんに
巡り逢えたと思う嬉しさと・・・
思いは複雑だった。

もしあの時、「抱かせてください」と、ひとこと言っていたなら、
もし「抱いてみますか」と、ひとこと言われていたなら、
きっとわが家の子になっていたに違いない。

今は優しい飼い主さんの元で、幸せに暮らしていると信じてやまない。
いつかどこかで、大人になったあなたと出会えたなら。



ジニア


上記文章は、以前の日記に書いたものなのですが、あの日から、
もう5年近い年月が流れたというのに、子パピちゃんを見る度に、
未だにあの時のあの子を思い出すのです。

誰かが覗き込むと、ショーケースの隅っこに丸まって
ブルブル震えていた、小さな小さな女の子。
誰とも目を合わせようとせず、ク~ンク~ンと母犬を求めるかのように、
か弱い声で泣いていた悲しげな姿。

その切なさに、その哀れさに、
何度この胸に抱きしめて連れて帰りたいと思ったことか・・・

きっと、気が小さくで臆病なところが、ららと重なって見えたのかも
知れませんね。



その後も、お友達のサイトやショップ等でも、数え切れないくらい
沢山の可愛い子パピちゃんたちと出合い、その愛らしさに癒されて
来たのですが、その度に、あの時の子を思い出すのです。
そしてららの妹を考える時、必ずあの子の姿が浮かぶのです。

こんなにも心残りなのは、もしかしたら本来は我が家の子に
なるべき筈の子だったのかも知れないと思えて来ます。
何故あの時、勇気を持ってお迎えしてあげなかったのだろう・・・
どんな家族と一緒なのだろう・・・幸せに暮らしていて欲しい・・・
大人になったあなたに合ってみたい・・・

沢山の出会いの中で、何故あの子の事ばかりが
こんなにも気がかりなのでしょう。


世間では、これを『後悔』と言うのかな・・・(=笑=)

あの子パピちゃんと出会ったのは、ららが未だ2歳になったばかりの頃。
ららだけで、一杯一杯だったもんね( ̄m ̄〃)
それに何より、
あの頃のららは、今よりもっとワンちゃんが苦手だったから・・・

あの時の出会いが、もし『』だったら、何の迷いも無く
あなたをお迎えする事が出来たのに・・・


パピヨン らら
夢みるパピヨン
| 心の襞 | TB(0) |
2008-05-01 (Thu)
20080424-00000000-giz-ent-view-000.jpg


「何これ?」・・・と、ちょっと驚いちゃう写真ですよね。
少し前にギズモード・ジャパンで紹介されていた「Flogo」
これは雲みたいに空に浮かぶ広告なんですって。
面白い~(≧∇≦)ノ♪

人工雪を作る機械を改良して作られており、洗剤を使って作った泡で、
空気より軽いガスを注入してあるので、空にフワフワ漂っているとのこと。
こんな広告、夢があって良いですよね~。(photo ギズモード・ジャパンより)



そう言えば私が小さい頃は、空には楽しい広告が沢山ありました。

そのひとつに、今ではすっかり目にする事が無くなった飛行船
結構頻繁に飛んでいたんですよ(^m^*)
しかもかなりの低空で。
ボディーに広告が書いてあり、ただゆっくり飛んでいるだけなのですが、
飛行船が通る音が聞こえると、一目散に表に飛び出したものです。
空に浮かぶ丸っこい飛行船は、飛行機よりもずうっとずうっと、
大空への夢を膨らませるものでした。


そしてセスナ機(小型飛行機)
昔はセスナ機から広告をバラ撒いていた頃もあったんです。
もっとも私が住んでいた町だけなのかも知れませんけれど(^^ゞ

上空から撒かれる広告に混じって落ちてくる小さな落下傘。
その落下傘には、ナンとオモチャやお菓子が付いていたの♪
今と違い、未だ畑や田んぼや原っぱが沢山あった時代。
車もあまり通って無かったしね( ̄m ̄〃)
落下傘を追いかけて、子供たちが賑やかに走り回っていたものです。
どんだけ昔なん?と言われそうですね(#^.^#)


それに、デパートや商店のオープンや売出しには、アドバルーンが
沢山揚っていたっけ(^m^*)



いつしか、すっかり無くなってしまった、空にあった楽しいこと。

豊かになり、物は溢れ返り・・・
ひたすら利便性を最優先するようになった今の時代。

良いんだけどね。
お陰で便利で快適な暮らしが出来るようになったんだから。
でも・・・それが幸せと言えるかどうかは分からない。



4-30 (4)

4-30 (12)



さて、話は全然変わって、昨日は父と妹と岡山県笠岡市にある
恐竜公園に行って来ました。

本格的な恐竜公園としては、国内では初めてのものだそうで、
公園内の恐竜は全て学術監修を受けて製作されていて、皮膚のシワや
筋肉の付き方にいたるまで精密に再現されているそうです。

どぉ~りで凄い迫力!
しかも想像していたよりもかなり大きくてビックリ!(@_@;)

実は私、恐竜時代が大好きなんです(^^ゞ
恐竜そのものが好きな訳では無いのですが、恐竜映画なんかを観ると
ワクワクしちゃいます(#^.^#)

4-30 (18)

4-30 (8)
4030xxx.jpg

「あたち 恐竜なんて恐くないじょ~!」

4-30 (20)
4030xx.jpg

自然な雰囲気を出すように木々も沢山植えてあり、その中に
色んな種類の恐竜がいてナカナカ良い感じ~(*^m^*)
私は楽しめたけれど、ららは?

アララ。
ノーリードで遊べないのでご不満な様子( ̄m ̄〃)
また近いうちにいつもの公園に行こうね!

今日はお母さんにお付き合い♪ア☆リ☆ガ☆ト♪

4-30 (11)

4-30.jpg
夢みるパピヨン
| 心の襞 | TB(0) |
2007-11-01 (Thu)
今日は朝から小雨の降る冷たい一日。
爽やかな秋の日が続いたので、太陽もちょっと一休み?(^m^*)

ところで先月の28日は、ららの「家の子記念日」でした(≧∇≦)ノ♪
6年前の10月28日。
その日は丁度、今年と同じ日曜日。

ブリーダーさんのお宅で初めて目にしたららは、それはそれは小さくて、
主人のYシャツのポケットに入れて帰ろうか、ナンテ冗談を言っていた
位の小ささだったのに、今では・・・アレレ?(=笑=)

同胎の兄弟たちのパワーに付いて行けず、オッパイも飲めずゴハンも
食べれず、ららだけ兄弟とは別にして育てていたそうなんです。
ららのヘタレは赤ちゃんの時からだったのね( ̄m ̄〃)ブブブ
やっぱり、トコトン筋金入りの弱虫なんだね~(*≧m≦*)

元気一杯に遊びまわる他の仔犬たちに比て、見るからに気弱そうで
ひとり隅っこでイジイジ。
「おいで」と声をかけても、近寄ってくるのは他の仔たちばかり(^m^*)
抱っこするとブルブルと震えだし、可愛いと言うより可哀そうだと
感じた第一印象でした。


家路に着く車の中でもずっと震えていて、身動きすら出来ない程、
必死に不安と戦っていた幼い日のらら。
我が家の一員になったこの仔を、絶対に幸せにしてあげたい!
約束するからね!
そう心に誓い、抱きしめたららのあの時の温もりを、
今でも忘れる事ができません。




あれから6年。

やっぱり弱虫は健在だけれど、その分、気持ちが優しく感情の豊かな、
と~っても良い子になってくれました(≧∇≦)ノ♪
でも・・・
6歳の誕生日を迎えた直後から、目の下に白髪らしきものが出始めました。
それはもう衝撃と言える程のショックで・・・

当たり前の事なんだけれど、分かっている事なんだけれど、
6歳の現実を突きつけられたようで、切なくて苦しくて。

段々お顔が白くなって行くららを、認めたくない自分がいるんです。
それは見た目が云々と言う事ではなくて、愛しいららが、私の年を
追い越してお婆ちゃんになって・・・
そんな時が日に日に近づいているようで、恐くて仕方が無いんです。



いいえ・・・

絶対に幸せにしてあげると誓ったあの日から、未だ6年。

白髪の数が増えた分だけ、幸せの数が増えて行くんだよね。
ららのお顔が真っ白になり、幸せ一杯の色に染まる頃になって、
やっと、あの日の約束が守られるんだよね!

そう思えば、今は未だ幸せにしてあげる為の、道半ば。

先は長いよね。
まだまだ、これからだわ~(≧∇≦)ノ♪

IMG_42.jpg

IMG_0042.jpg
夢みるパピヨン
| 心の襞 | TB(0) |
2007-09-23 (Sun)
パピヨン らら

今日は母のお墓参りに行ってきました。

まるで、まんが日本昔ばなしに出て来るような、
のどかな山間に有る母のふるさと。
亡き母の願いで、母の両親や親族達と一緒に、生まれ育った
懐かしい地で眠っています。



遺骨は故郷の地に・・・

そんな淋しい田舎に・・・と初めは思ったのですが、
今は、そう願った母の気持ちが分かるような気がします。


まるで追い立てられるかのように、慌しく過ぎ行く日々。
今日という一日も、明日の朝にはもう過去の出来事に。
慈しみ育ててきた大切なものも、懸命に守り抜いて来たものも、
時の川の中で、やがては変わり行くもの、過ぎ行くもの。


けれども、いつ訪れても変わらない故郷の山々。
思い出を重ね合わせる、懐かしい小道。
ここに帰っておいでと、天高く青い空。


何もかも、昔と変わらない。
全てを包んでくれる、変わらないものへの懐かしい安堵感。

最期は病との闘いだったけど、頑張って頑張って生きて来たからこそ、
これからは、一番大きな懐に抱かれていたいんだよね。

ヤダね!

そして、帰り道に立ち寄った紅葉の名所。
勿論まだ紅葉には程遠い真夏並みの暑さなのですが、渓流を背に
ららの写真を・・・と思ったら・・・


か、カメラが無い~~(>_<。)~

絶好のカメラスポットに行ったのに、
肝心のカメラを忘れるなんて信じられないわ~(泣)

パピヨン
夢みるパピヨン
| 心の襞 | TB(0) |
2007-09-05 (Wed)


日中はまだまだ暑いけれど、朝夕は随分涼しくなり、
急激に花を付け始めたジニアリス。
今年の秋の庭は、オレンジと黄色で統一してみました。

夕焼けが空を赤く染める日は、夕日に照らされた一面のジニアリスが、
まるで燃え上がるかように色鮮やかに。
花と夕焼けが織り成すオレンジ色の世界は、ちょっと感動的です(=^m^=)

これから10月にかけてが見頃です。

a0069.jpg

a0129.jpg

そして、ららちゃん(=^m^=)
この夏は記録的な暑さが続いたのに、夏バテもせず元気に過ごして
くれてアリガトね♪


でもね。
お母さんはこの頃ちょっぴり淋しいの。

大切なららが私の前からいなくなるなんて、考えたくも無いけれど
いずれはやってくる、ららとの別れ。
その時まで、ずっと一人っ子で過ごさせてあげることが、ららに
とっては一番良い事なのかも知れません。

それなのに、今までにも何度と無く膨らんでは消えていった
多頭飼いへの想い。

それは、お友達のブログ等で目にする、多頭飼いならではのホノボノとした姿に
「いつか我が家も・・・」
そんな”憧れ”が無かったとは言えません。
もし私がサイトを立ち上げていなければ、多頭飼いなんて考えも
しなかった事かも知れません。
冷静にそう思える自分がいたから、ららは今まで一人っ子だったのです。

大好きなららがいてくれるだけで充分幸せなのですから。





でも・・・
最近は以前とは少し違う思いがあるんです。

子供のいない私たち夫婦にとって、今や犬は子供そのものです。
その子供のいない生活なんて、とても考えられない。

そう思う時、
ららを看取ってから新しい子を迎える時の、私たちの年齢。
もし多頭飼いをするのなら、考慮しなければならない、ららの年齢。
そして何より大切なのは、ららにとって何が最良なのか・・・


思いは巡るばかりです。

a0117.jpg

きゃ~Y(>_<、)Y
ららちゃん、コートがヨレヨレだわ。
さ、さ、これからシャンプーしましょうね~!

a0116.jpg
夢みるパピヨン
| 心の襞 | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。